SMALL CLALON HOURS

三つ編みといぬとメイド

クリアファイル集め

「映画館に行ったのもまとめ買いに走ったのも季節外れの雪が降ったのもすべて『乳酸菌を摂取しても花粉症は治らない』という事実を毎年のスロースタートで教えてくれる彼を手に入れるための布石だったのですわ」と満足げに語る金髪美少女に「『遊泳』の前奏って某地図描きゲームの序盤の階層に入ったときみたいな雰囲気ありますよね〜」と熱いコーヒーを啜りながら2メートルの距離をとりつつ返事をする昼下がりは実はとても貴重な時間であることを再確認したので未満都市から報告してみるドキドキビジュアル日常回!

まとめ買いした野球日本代表チップスを開封。シャロン様大興奮の結末に!

44食目「FRIED Aqours CHIPS」

ふえーりが泣いていて、そこにはたくさんのお菓子があって・・・歴史は繰り返されるのです。

20食目「あたたかな冬と春のさかいめにふく風」

とってもあたたかい冬の日に、ふえーりの部屋にやってきたシャロンといちがやさん。ふえーりがコーヒーを淹れているあいだに、2人が部屋を物色し始めて―――

5食目「マルサン書店仲見世本店 / Jan.」

新年の沼津にやってきたふえーり一行。商店街の本屋さんでシャロンの新しい一面が垣間見えて――

1食目「あくあいす」

泣いているふえーりにとまどうシャロン。大量のアイスの原因はやっぱりあれでした。