SMALL CLALON HOURS

てんねんきねんぶつシャロンのぼうけんのしょです

51食目「氷川参道 / Apr.」

f:id:clalon:20190513054730j:plain
シャロン「あそこのお店、入ってみたいですわ」
いちがや「ええっ・・・入るの? あのお店に?」
ふえーり「お店の名前は・・・石原スポーツ? それともスポーツ石原?なんでしょうか」
シャロン「だめかしら?」
いちがや「雰囲気的に入りたくないんだけど・・・」
ふえーり「なんだか1階は宅急便の人が出入りしていて忙しそうに見えるのです」
シャロン「野球用品を売っているところ、ぜひ見てみたいですわ」
いちがや「いや、ああいうお店じゃなくても野球用品は見られるところはあるって」
ふえーり「確かにこの3人で入ると場違いな感じになってしまうかもしれません」
シャロン「はあ、ふたりとも臆病ですわね・・・気が進まないなら結構ですわ」
ふえーり「シャロン様、そのうちスポーツデポとか、スポーツオーソリティとか行きましょう」
シャロン「本当? いいですわね!」
ふえーり「はい、ぜひ行きましょう!」

***

f:id:clalon:20190513055006j:plain

f:id:clalon:20190513055326j:plain

いちがや「なんか雰囲気のちがう道に出ましたね」
シャロン「『氷川参道 平成ひろば』って書いてありますわ」
ふえーり「そうそう、そろそろ平成も終わりなのですよ・・・」
いちがや「元号なんて別になんでもいいよって感じなのかなと思ったら、意外と話題になってますよね」
シャロン「その国独自の暦が千年以上にわたって続いている、というのは素敵なことですもの。みなさんその歴史を重んじているのですわ」
いちがや「みんなそんなこと考えてるかなあ・・・?」
ふえーり「わたしは、令和女子大学という大学を早くつくってほしいと思うのです!」
いちがや「いきなりなんのはなしですか?」
ふえーり「言葉の響きがすごくお嬢様学校な感じで、ちょっとエッチでいいですよね!」
いちがや「はあ・・・」
シャロン「・・・なにか返事をしたほうがいいのかしら?」
ふえーり「いいえ・・・いいのです。おふたりがそのあきれた顔でわたしを見てくださるだけでうれしいのです」
いちがや「うわっ」

***

f:id:clalon:20190513055538j:plain
シャロン「向こうに進むと氷川神社で、手前側に進むとさいたま新都心ですのね。その昔、さいたま新都心駅の東側は刑場だったと聞いたことがありますわ」
ふえーり「すごくローカルなことをご存じなのですね・・・さすがシャロン様なのです!」
いちがや「再開発してるところって『実はこの場所はかつて・・・』みたいな、そういう変なエピソードがあるところ、けっこう多いよね。池袋のサンシャインシティとか有名だけど」
シャロン「妖精の中にも、赴任先の土地にどんなエピソードがあるのか、気にする方は多いですから、自然といろんな情報を耳にしますわ」
いちがや「そうだね。せんだがやさんとかは気にしてなさそうだけど」
ふえーり「千駄ケ谷ってたしか・・・、連れ込」
いちがや「言わなくていいですから」

***

f:id:clalon:20190513055648j:plain
ふえーり「でんでんでんでん でんせつの♪」
シャロン「じゅるっ・・・」
いちがや「ちょっと待って、このタイミングで『じゅるっ』はないでしょ」
シャロン「・・・はっ、そ、そうですわね、はぁ、あはは、はぁ、すうう、はぁ・・・ごくり」
いちがや「どうして息が荒くなっちゃうのかなあ」
ふえーり「シャロン様って、いぬ時代はなにを召し上がっていらしたのですか?」
シャロン「ふふっ・・・、それはもういろいろ食べましたわ・・・」
いちがや「怖いから」
ふえーり「ふぇぇ」
シャロン「ふふ。・・・ところで、このハトたち、つがいですわね」
いちがや「本当だ。ふえーりさん、ここのハトみんなリア充ですよ」
ふえーり「そんな安い挑発には乗らないのですよ! ははは、現実の女の子とにゃんにゃんするのがそんなに楽しいかっ! ・・・楽しいに決まってるのですよ、そらそうなのですよ・・・」
シャロン「普通にダメージくらいますのね」
いちがや「もうなにもかもが残念だね」
ふえーり「くっ、こんな害鳥ごときがえらそうに! えいっ! えいっ!」
いちがや「ちょっ、だめですよ、ハトを蹴散らしたら!」
シャロン「今、オスがあなたのことを威嚇していましたわ」
ふえーり「ううっ、ハトにすら下に見られるなんて・・・ふえええんっ>_<」
いちがや「声出して泣かないでください! 人が見てますから!」
シャロン「この様子から考えると、先にメスを襲うことができれば、オスがメスを取り返そうとその場に留まるかもしれませんわね。つまり1回の狩りで2羽得られることになって・・・これは使えそうですわ!」
いちがや「もう、シャロンは今さら狩りなんてしないでしょ?」
シャロン「・・・。・・・、そうですわね、しませんわね」
いちがや「シャロン?」
ふえーり「間が怖いのです・・・」

***

***

せんだがや「始まりました、本編とは全く関係ない新コーナー! その名も『シャロンちゃんのグルメクイズ』のコーナーでーす! いえーい!」
シャロン「わたくしのごはん研究の成果を、訪問してくださった方に還元するという公共の福祉を念頭に置いた新たな取り組みですわ」
せんだがや「へーそうなんだ? ・・・すごいね! じゃあさっそくクイズ出そう! 記念すべき1問目はどんな問題かな?」
シャロン「せっかくあなたが司会なのですから、1問目は野球の問題にしましたわ」
せんだがや「え? グルメクイズじゃないの・・・?」

 

線結びクイズ

 

次の野球場と、2019年にそこで販売されるプロ野球選手がプロデュースした商品を正しく選びなさい

 

A. 明治神宮野球場
B. メットライフドーム
C. ZOZOマリンスタジアム
D. 阪神甲子園球場

 

1. SHOGO MEN!!!
2. デミグラスチーズ勝男丼
3. 超人チャーハン弁当
4. ボルジンジャーハイボール

 
せんだがや「なるほど、たしかに野球とグルメだね~」
シャロン「問題の難易度は検定クイズの星4つくらいを想定していますわ」
せんだがや「答えは次回のこのコーナーで! ちゃおちゃお~!」
シャロン「しかしあなた、テンション高いですわね」
せんだがや「最近出番なかったからね!」
シャロン「・・・・・・」
せんだがや「なんか言ってよ~!」
シャロン「この前、ふえーりさんが『せんだがやさんのキャラがそもそも苦手』って言っていましたわ」
せんだがや「絶望しかないじゃん!」