56食目「常磐線(天王台→水戸) / Oct.」

f:id:clalon:20190612041614j:plain
シャロン「早く開けてくださいな」
いちがや「自分で開けられるでしょ」
ふえーり「でも、よく考えたら電車の中でケーキ食べる人ってあんまりいないのです」
いちがや「ケーキ食べるためにグリーン車乗る人もいないと思います」
シャロン「開きましたわ、くんくんくん」
いちがや「箱に顔つっこまない!」

 

f:id:clalon:20190612041640j:plain
シャロン「いただきますわ!・・・なんですの? あなたたち、食べたいんですの?」
いちがや「いや、別にいいけどね」
ふえーり「わたしはシャロン様がおいしそうに召し上がっているのを眺められるだけで満足なのです~」
シャロン「これ、ひとくち食べさせてあげますわ。はい、あーん」
いちがや「えっ、あっあーん・・・もぐっもぐっ、シャロン、ひとくちサイズが大きいよ」
シャロン「そうでしょう。もうひとくちどうかしら?」
いちがや「いや、また大きいから・・・。あのね、ひとくちが大きいっていうのは、褒めてるわけじゃないからね?」
シャロン「そうなんですの?」
いちがや「もぐっもぐっ、うん、おいしい。すごく甘いけど、おいしいモンブランだね」
シャロン「さすがわたくしのお店ですわね!」
いちがや「いや、ちがうからね?」
シャロン「ふふん、それならこっちの茶色いのは? はい、あーん」
いちがや「あーん・・・もぐっもぐっもぐっ・・・ん? んんん? けほっけほっ」
シャロン「大丈夫ですの?」
ふえーり「お水飲みますか?」
いちがや「・・・ううっ、シャロン・・・。シャロンはどうして、私を置いて・・・」
シャロン「どうしましたの? 急にわたくしによりかかって・・・」
いちがや「シャロン・・・、シャロンはずるいよ・・・私がいるのにあっちこっちでちやほやされてぇ・・・ううっ、うえーん」
シャロン「!?!? いきなり泣いて? なんなんですの! こ、これは一体・・・?」
ふえーり「これは・・・お酒に酔ってるときのいちがやさんなのですよ!?」
シャロン「もしかしてこのケーキ・・・もぐ・・・、これ、サバラン*1ですわ!」
ふえーり「あ、たしかにサバラン買ったのです・・・」
いちがや「あっ、それねえ、うんうん、ちょーおいしかったよ、シャロン。えへへ、じゅわっとしてて、ふわぁってなってぇ・・・」
シャロン「わたくしも見た目で気づくべきでしたわね」
ふえーり「ごめんなさいなのです」
いちがや「ううっシャロン、寂しいよぅ。ねえキスして。シャロンって私のこと、好きでしょ・・・?」
シャロン「ま、待ちなさい・・・どうしたらいいのかしら? 酔いを覚ます魔法は習得していませんし・・・ちょっといちがやさん、肩をつかまないで」
ふえーり「いちがやさん、とりあえず、お水、お水飲んでください!」
いちがや「うるさいっ、男はひっこんでて。私とシャロンの関係にぃ、男はいらないの!」
ふえーり「百合に男は不要・・・たしかに」
シャロン「感心している場合ではありませんわ。早くなんとかしませんと・・・顔が近いですわ!」
ふえーり「はっ、そうなのです! いちがやさん、そう言わずにお水飲んでください~」
いちがや「えへへ、ねえシャロン、私といっしょにぃ・・・はあ、はあ」
シャロン「この人、わたくしの食欲のことを言える立場ではありませんわね」
ふえーり「いちがやさん、イメージが壊れる前にお水を~」
シャロン「それについてはもう遅い気がしますわ」
いちがや「ふふっ、うっ、ううっ、シャロン、私を置いてかないで・・・くぅ、くぅ」
ふえーり「寝ちゃったのです」
シャロン「ここまでお酒に弱いとは、まったく困ったものですわね」
ふえーり「冗談でも飲ませられないのです」
シャロン「それに、くだらない不安ばっかり口にして・・・、わたくしが離れるわけがありませんのに」
ふえーり「・・・シャロン様、それ、いちがやさんが起きているときに言ってさしあげれば」
シャロン「い、言えるわけないでしょう、恥ずかしいですわ」
ふえーり「ですよね!(にこにこ)」
シャロン「どうしてそんなに笑顔なんですの?」
ふえーり「なんでもないのですよ、ふふー」
シャロン「まったく・・・とりあえずふえーりさんはいちがやさんを楽な姿勢にしてあげてくださいな。わたくしはこのケーキを片づけますわ」
ふえーり「はい、ってシャロン様・・・」
シャロン「なんでふの? もっぐもっぐ」
ふえーり「片づけるって・・・いや、なんでもないのです」
シャロン「? 捨てふのあ、もっふぁいないえひょう?」
ふえーり「それはそうですが・・・」
シャロン「んっ、ところで、あとどれくらいで水戸に着きますの?」
ふえーり「1時間ちょっと、でしょうか」
シャロン「その間に自力で目を覚ますといいですわね」
ふえーり「自力?」
シャロン「一応、魔法で起こすこともできますのよ? 雷撃系の魔法は得意ですし」
ふえーり「!? い、いちがやさん! 起きてください~!」
いちがや「くぅくぅ、シャロン・・・すきだよぉ・・・むにゃむにゃ」

*1:ブリオッシュにラム酒などの洋酒を含むシロップを染み込ませ、クリームや果物などを盛りつけたフランスの菓子